短期留学するならマレーシアへGO!!

夏休みのアクティビティ!短期留学するならマレーシアへGO!!

夏休みや冬休みなどのいつもよりも長い休みを使って、「短期留学」を計画してみてはいかがでしょうか。
お子さまが小さなうちは、語学学習をするのに最適な時期と言われています。
とくに幼少期の8歳ころまでに習得したことは、右脳の働きが活発であることから言語を感覚的に覚えることができるといわれているので効果的です。
そして、年齢が低ければ低いほど求められる英語力のレベルがそれほど高くないことから、マレーシアの学校に入学できるチャンスが一層高くなります。
 
◎早期マレーシア留学をするまえの準備段階!                 
最近、マレーシアにある大学への留学を目指す日本人が増加しています。
子ども自身が留学を希望する場合もあれば、子どもの将来を考えて留学という道を切り開くという親御さんも多いようです。
実際にマレーシアでは、欧米の大学と提携して「ツイニングプログラム」を積極的に取り入れています。
このプロラグムを使えば、マレーシアで2年、残りの1年は欧米大学へ留学することで欧米大学卒という資格を得ることができます。
3~4年をまるまる欧米の大学に通わせることは経済的にも負担が多いというときでも、
マレーシアの大学に入学すれば学費も現地での生活費も大幅に抑えることができるのです。
夏休みのあいだに「短期のマレーシア留学」をして、入学したい大学のリサーチや現地での生活を実体験しておくことで、
早期留学のために何かと役立てることができるでしょう。
尚、90日以内の短期のマレーシア留学であれば、ビザの申請は必要ないので気軽に挑戦できるのも嬉しいポイントです。
 

・早期学習は幼少期ほど効果的
幼少期から学びをはじめる「早期学習」の重要性が高まっています。
実際に、ネイティブスピーカーやバイリンガルを目指せる語学脳を育むためには、できれば8歳くらいまでには語学学習を始めたほうが良いとされています。
8歳くらいまでの脳は、耳で聞いたことや目でみたもの、手で触れたものの意味ではなく、感覚で身体に覚えさせることができます。
感覚で覚えている言語は、意味を考えるよりも先に感覚的で行動に移すことができるので無理なく語学を扱えるようになります。
安いコストで留学できるマレーシアであれば子どもといっしょに親も留学することができるので、
早期学習をスタートするという目的もクリアできますし、子どもを単身で留学させることの不安からも解消されます。
 
・幼稚園からの早期留学!
早い決断をした家庭では、子どもが小学校にあがる前の幼稚園時代からマレーシアに渡り早期学習を始めています。
幼児はその土地や環境に慣れるのが大人よりも早く、言葉が通じなくても友だちとコミュニケーションを交わせるようになります。
それに、右脳の働きが活発である幼児だからこそ、日本語以外の言葉もすんなり自分のものにできるのです。
幼稚園生くらいであれば英語を公用語として使う国の子どもとも大差がないので、インターナショナルスクールにも入園しやすいようです。
幼稚園のころに英語を使った生活をしていれば、マレーシアの小学校に入学するのも容易ですし、海外生活で言葉の壁に苦しむことはないでしょう。

マレーシア留学

マレーシア 親子留学